読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひろしコンフォーコ

ツィンク奏者が物知り顔であれこれ語ろうとするものの、ちっとも上手くいかないブログ。

ウィンナーって料理すんの激ムズじゃない?

食べ物

 

ウィンナーが好きだ。

生まれてこの方、ウィンナーを欲しなかったことなど一度もない。

ウィンナーの為なら、この体、この魂の全てを投げ売ってもいい。

僕はそれくらいにウィンナーを愛している。

 

愛しているのだ!!!!

 

 

否、、

 

 

・・・それは、いささか大げさ過ぎたかもしれない。。

 

 

しかし、それでも僕がウィンナーの事を好きだということには変わらない。

 

でも

 

どうか分かっておくれ。
君のことを考えると、どうしても周りが見えなくなっちまうんだよ。ベイビー。

 

ウィンナーの真の姿

ウィンナーはどうやったって美味い。

煮ても美味い。焼いても美味い。茹でても美味い。

グラタンに入ってても、カレーに入ってても、どこでどんな出会い方をしても“ウィンナーの喜び”を味わうことができる。

 

ウィンナーは偉大だ。

 

ウィンナーは、老若男女みんなから愛されるだけでなく、全宇宙で人々を争いから救っている。

 

それが、ウィンナーの真の姿だ。

 

健やかなるときも、病めるときも、富めるときも、貧しきときも、ウィンナーは人類とともにある。

 

そう、人類はウィンナーと結婚したのだ。

 

美味すぎる君が悪いんだよ。

ウィンナーは美味い。実に美味い!生でも美味い!!

 

なま????

 

と、一瞬困惑した方も少なくないだろう。
それも分からなくはない。一般的な食し方とは言えないからだ。

 

 

しかし!!

 

 

市販で売っているウィンナーは、すでに加熱処理されている!!!

 

ゆえに!!

 

調理する前にウィンナーを食べつくしてしまうのである!!!!!!(やまびこ…)

 

 

ウィンナーを料理するのはとてつもなく困難であり、悩ましい問題として、人類の目の前に大きく横たわっているという現実。

皆様にもお分かりいただけただろうか。

 

これは、都市伝説ではなく、現実に起きていることなのである。

 

 

料理した方が圧倒的に美味いのにも関わらず!!!!!

 

 

これは、つまみ食ってしまう人類が悪いのではない。
これだけ美味ければ、誰だって誘惑に勝てるはずないのだから。

 

全ては、君、、、美味すぎる君が悪いんだよ。

今日はもう休もう。おいで、ベイビー。

愛しているよ。

 

 

 

なんやこれ。。