読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひろしコンフォーコ

ツィンク奏者が物知り顔であれこれ語ろうとするものの、ちっとも上手くいかないブログ。

学ぶということ。大学や専門教育よりも大切なこと。

僕は大学に行ってません。高校も中退です。
大学に行きたかったので高卒認定(旧大検)を取りましたが、結局、大学には行きませんでした。

20代半ば頃まではたまに言われました。

 

「今からでも大学行け」

 

正直、うっせぇなぁと思ってました。

だって、中学生の頃からこう思ってましたから。


大学って意味あんのか?
大学に行かなきゃ学べないのか?
誰かに教わらなければ学べないのか?

 

自分の頭で考える

よく、「ちゃんと学ぶ・勉強する」という言い方をします。
それは、キチンとした先生に付いてとか、大学に入ってとか、そういうことを言っています。

 

ちゃんちゃらおかしいと思います。

 

自分で学ぶことの出来ない人間が、誰に何を教わるというのでしょうか。

それなのに、先生に付かなければ、大学等で専門教育を受けなければ、専門家になり得ないのでしょうか。
では、大学しか出てない人は博士号を持ってないので、その人達から見れば専門家じゃないのでしょうか。

 

そもそも、音楽の世界でも学問の世界でも、絶対的に正しいと言えることの方が少ないです。

であるならば、学んでいく過程で(一生かもしれませんね)正しいと思うことは変わって当然なのです。

これが正しい! これに到達しないものは、みな間違っている。
専門家たり得ない! とでも言うのでしょうか。

 

ここまで来ると、笑い話でしかありません。

 

もちろん、誰かに教わったり、専門教育を受ける機会があるのであれば、利用すればいい。
ただ、それには問題があって、自分で学べない人間が専門教育を受けても、誰かのコピーになるだけだということです(自分で考えてるつもりでも、です)。

 

学ぶ為に、手段として、一度コピーしてみる、というのは賢明な学び方のひとつだろうとは思います。

 

自由に発想する

個性というのを、むやみに主張したりするつもりはさらさらありません。
ただ、自分で学ぶことをせず、誰かのコピーとして生きることに興味はないのです。

それは、他の誰かがやってくれています。

 

専門教育を受けずとも、あらゆる価値観のコピーになる危険性はありますが、その価値観をどう判断するか、ということには自由でいやすいです。
本当は、どこで、どう学ぼうと自由は保てるはずですが、見えなくなってはいけません。

盲目で学べることはないのです。
学問は宗教(そもそも、宗教も盲信するものではありません。自由な批判が必要です)ではないのですから。

 

自由に発想し、自由に学ぶ。

 

そうやって、自分に出来ることをやっていけばいいのではないでしょうか?

無理に周りに合わせる必要はありません。

そんな理由、ひとつもありませんから。